ウォーキング、スケッチ、コーラスなど気の向くままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 野馬土手跡を訪ねて

<<   作成日時 : 2007/05/09 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

 4月はあちこちと随分と歩いた。畑作業もあり結構忙しい日々だった。気がついたらブログを一月以上も更新していない。これではブロガー失格だ。とりあえず少し遡って記事を書くこととする。
 以前北小金から我孫子まで旧水戸街道を歩いたことがある。この時南柏あたりに「新木戸」というバス停があり面白い地名だと思った。さらに行くと柏神社の横の立て札には古くの水戸街道の様子やその近辺を野馬土手が通っていたと説明書きがある。
野馬土手とは、徳川幕府が軍馬を飼育するため経営する放牧場の周囲に巡らされた土手のことで、馬が近くの村に入ったり、農作物を荒らしたりしないように築かれたもので、野馬除土手(のまよけどて)とも呼ばれる。当時の水戸街道は南柏の新木戸から、柏神社そばの柏木戸までの2キロあまりが牧のなかを通っていて、人が出入りする時だけ木戸が開けられたという。柏レイソルのサッカー場近くには[小金原野馬除土手跡」の碑が建っており、100メートル近くの土手が現存している。南柏の豊四季第一緑地には五百メートルにわたり野馬土手が現存しているとのこと。
 私の歩いてみたい気持を決定的にしたのはインターネットで調べた記述でした。「柏そごうプラザ館横の歩道橋から始まり斜めに走る道路、駅前道を横切り柏神社南で旧水戸街道を横切り緑町交番前(日立サッカー場側)まで続く道路が昔野馬土手だったところです。今は柏レイソルロードと呼ばれています。」この様に書かれていて地図で辿るとありましたこれなら判る、とばかりについでに南柏の地図も調べあげました。早速この両方を歩くこととし家を後にしました。旧水戸街道を北柏駅まで行き、跨線橋を渡り南口へ出て大堀川を渡り柏公園を抜けて又旧水戸街道に戻り柏駅に。そごうプラザ館横の歩道橋からいよいよ野馬土手跡に出来た道路を行きます。延々と続く道路のどこにも嘗て土手だったことを示す痕跡は残っていない。緑町の交番前に出て道路脇に僅かにこんもりとした土手と樹木があり更に記念碑が野馬土手跡であることを教えてくれた。昔はこれから先更に延々と続いていたとのことで規模の大きさは想像を絶する。こうした土手は農民達が駆り出されて役務を提供して作られたものだという。
 そこから南柏方面へ向けて歩く。日光街道沿いにこんもりとした森が見えたので近づくとそこが豊四季第一緑地で野馬土手跡はすぐに見つかった。約五百メートルに渡って保存されている。
画像
緑地も広くて素敵だが土手跡は本当にすごい。二重土手になっていて真中が堀のように深くなっている。横からみるとMような構造だ。今あちこちで野馬土手跡の破壊が進み、懸命に保存を呼びかけている人もいる。先人の残したものを大切にすることも我々に課された使命かと思う。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アルファブロガー
アルファブロガーについて書いた日記 ...続きを見る
日記王
2007/05/10 08:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
歴史の足跡を踏みながらいろいろ想像して歩くのは楽しいですよね。私も歩くこと大好きです。特に木の根が飛び出している道なんかたまりません。偶然には出会えない道、探さないと出会えないですね。今回の野場除土手の土の色と深さ、両脇の茂りなど匂いを感じました。行かなくては!!またこのような情報届けてくださいね。これからは水分の補給をせんといかんばい。気をつけて行ってきないよ。
そら
2007/05/16 11:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
野馬土手跡を訪ねて ウォーキング、スケッチ、コーラスなど気の向くままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる