ウォーキング、スケッチ、コーラスなど気の向くままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧中山道を歩くー日本橋から板橋(その2)

<<   作成日時 : 2006/07/06 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
前回は東大を出たところでブログを打ち切ってしまったがウォーキングは板橋まで続きます。
東大を赤門から出てまず目にとまった法真寺を訪ねる。樋口一葉ゆかりの寺とある。ある一時期一葉の自宅がこの寺の隣にあったとのことで、この寺の観音様のことが作品にあるらしい。続いて落第通りと書かれた路地を発見入って行く。うらぶれたバーとか飲み屋が数件あった。昭和初期の路地とか小説「雁」に出てくるような学生向けの寄宿舎を期待したが見つけることは出来なかった。時代の流れで古い建物はどんどん建て替えられている。最近の建築には遊びがなくて無機的でまったく面白くない。そこへ行くと昔の建物にはそれぞれ主張というか個性がある。職人たちが職人魂を発揮して腕を奮ったのがはっきりと見てとれる。今はところどころにそうしたたてものが散在して残っているのみ。

本郷通りへ戻り進む、農学部の前で国道17号は左へ曲がる。角にある高崎屋という酒屋は江戸時代から続く老舗という。その脇に昔は一里塚があったらしい、今は碑が残るのみ。ここからの国道も昔の街道のような雰囲気を残した道だ。旧白山通りをしばらく歩く、左は低い土地になっていて急坂が何本もある。浄心寺坂を下りると八百屋お七の墓がある円乗寺がある。お七の家の菩提寺で昔お七の家が火事で焼け出された時この寺へ避難しそこで寺の小姓の吉三郎と恋仲になった。あとは知っての通り。元の道に戻り少し行くと今度は右手に高島秋帆の墓がある大円寺がある。ここにも立ち寄る。入り口にほうろく地蔵といってお七の為に建立された地蔵堂がある。またしばらく行くと道は白山通りと合流する。白山通りは片側3車線の立派な通りだ、しかし歩いての楽しみは何もない。

右手に巣鴨駅が見えるととげ抜き地蔵で有名な高岩寺を擁する巣鴨地蔵通商店街へと差し掛かる。ここから道は旧中山道として国道と分かれる。お地蔵様にお参りする。子供の頃手の平に釘が刺さりそこがなかなか治らなかった時伯父がこの地蔵様へ連れて来てくれたのを思い出した。キズは勿論治った。平日なのに沢山の人だ。ここから先は昔タネ屋街道とも呼ばれたらしい。旅人が街道沿いの農家の縁を借りて弁当を使うことが多かったようで、そんな折土間や庭先で珍しい野菜を見かけると故郷でも栽培したいとタネを欲しがったという。そこで副業にタネを売る農家が増えた。やがて滝野川にんじんや牛蒡といった優れた品種が出ると専門にタネを扱う問屋やタネ屋が一気に増えた。板橋の清水町までの6キロの間で問屋が9戸小売店が20戸も建ち並んだという。街道筋に種子店と書かれた古い民家が1戸残っていた。ここから先板橋までは何度も歩いた道だ。庚申塚で都電の線路を越える。丁度電車が来たのでラフにスケッチ、後で手を入れるため撮影もする。

先へ進むとやがて西巣鴨、明治通りを渡る。この辺りは掘割というバス停や信号名がついている。昭和の中頃まで千川上水がここまで来ていて大きな溜池があったという。上水はここからは樋管で上野や駒込方面へと分水されていたらしい。千川上水公園がその跡だ。今回はここはスキップ。滝野川の商店街を進むとやがて埼京線の踏み切りに差し掛かる。手前を左に下って行くと近藤勇の墓地がある。近藤勇は捕らえられた後暫く平尾宿(板橋)の本陣に留め置かれその後この地にて処刑された。首は京へ送られ胴体だけが埋葬されたという。

またもとの道に戻る。途中尾根のように小高くなった道路があり側に馬頭観音が祀られている。ここは千川上水が流れていたところだ。今は暗渠になっている。旧中山道へ戻りまっすぐ進む、やがて国道17号を斜めに横切る形で旧中山道は続く。交差点にある交番は平尾交番となっている。昔はこのあたりで中山道と川越街道が分岐していたようで平尾追分と古地図にはある。現在の地名には平尾はない。また国道と分かれて仲宿商店街を進む。すぐに右手に観明寺がある。大きな古い庚申塔がある。子供の頃ここの縁日にはよく通ったものだ。よく通った花の湯という銭湯も健在だ。板橋は細長い宿場だった。今でも商店街が延々と続く。仲宿商店街は特に元気だ。いつも買い物客でごった返している。昔遊郭だった建物も今は近代的なアパートに変わってしまった。本陣だったところは大きなスーパーになっている。やがて木の橋をイメージした板橋に辿り着く。日本橋からは2里25町33間とある。10キロ強の距離だ。板橋着は午後4時45分。歩数にして27700歩。

その後実家に寄り家に辿り着いたのは午後9時25分であった。歩いた総歩数は33000歩。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
千川上水
千川上水は江戸時代に開削され、玉川上水を水源として、巣鴨まで約22kmを流れる上水だった。 ...続きを見る
ぱふぅ家のホームページ
2007/11/25 12:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
新しいブログオープン、おめでとうございます。テンプレートも本橋さんのイメージです。とっても見やすく、読みやすいです。33000歩なんて私は歩いたら次の日ダウンです。大丈夫でしたか?
ぶーちゃん(島元)
2006/07/11 19:58
居ながらにして東京見物をすることができました。俳句の気分とハイクの気分になれました。
八百屋お七の情熱は何処へ〜新撰組の獅子たちの志は〜生きてこそこうやってハイクができるのだと思いました。これからが楽しみです。開設おめでとう!♪
そら
2006/07/12 00:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
旧中山道を歩くー日本橋から板橋(その2) ウォーキング、スケッチ、コーラスなど気の向くままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる