ウォーキング、スケッチ、コーラスなど気の向くままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 職人魂はどこへ・・・

<<   作成日時 : 2008/03/07 22:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 ブログのタイトルにそぐわない見出しです。最近テレビを見ていてテレビに向って文句を言うことが多くなり(以前からあったがそれがますますひどくなった)家の者から顰蹙を買っています。
  つい先日も自衛隊の最新鋭艦が漁船と衝突という信じられないニュースが飛び込んで来ました。テレビ各社はこれぞ視聴率が稼げるネタだとばかり一斉にとびついたことは言うまでもありません。しかし何が問題かと言えば、あれだけの最新の設備をほどこした、しかも国民を守るべき立場にいる防衛庁の最新鋭艦が長途職務からの帰りとは言え、母国の近海で漁船の往来が多く予想される海域で自動操舵にしていたとは信じられないことです。職務意識希薄というか、全く信じられない行動です。見張りが何人も立っていて何故漁船に気がつかなかったのか。これが漁船でなくて爆薬を積んだゲリラ船だったら何とするのか。感知できなかったとの言い訳が通用しないのは言うまでもない。これは職務怠慢を通り越して、陸上なら危険交通罪にも匹敵する行為だと言えるのではないか。自船が大きいから相手がよけてくれるとの甘えと言うか驕りがあったのだろう。

 自分は嘗てボストンに出張した折、クルーザー(ヨット)を所有する人に誘われて一日海で遊んだことがあります。その折海上での航行法を色々と教えてもらい、僅かですが操舵もまかせられました(勿論その人が付き添って)。陸上のように道路も無ければ、信号もない。右から左から色々な船が視界に入ってくると、どちらへ舵を切ったらよいのか判らずパニック状態になりそうでした。海上でのルールとしてどちらが回避行動をとるかなど色々教えてもらいました。ルールを守ってこそ自分も安全でありうる訳です。

ところがこのイージス艦はまったくとぼけています。この海域で自動操舵自体あってはならないことです。自分が艦長なら、そろそろ母国に近づき小型漁船も航行する海域なので十分に注意するようにと全員に言い渡し、万一の場合にも迅速な回避行動がとれるようにします。回避でなくバックなど信じられない行動です。一瞬の判断が大変重要な結果をもたらす国防という職務につく人達が情報伝達ミス、判断ミス、不注意などと言っておれない筈。こんな方たちにはこわくて国防など任せておけない、そんな気持を抱かせた事件でした。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
職人魂はどこへ・・・ ウォーキング、スケッチ、コーラスなど気の向くままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる