ウォーキング、スケッチ、コーラスなど気の向くままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 野鳥の声

<<   作成日時 : 2007/03/29 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私の住んでいるところは樹木が結構多いので色々な野鳥がやってきます。ベランダの前の庭にも色々な木が植わっているので居ながらにして野鳥の姿を観察できます。
最近やって来た鳥はすずめは勿論、つぐみ、ヒヨドリ、ムクドリ、目白、シジュウカラ、こげら、尾長、ジョウビタキといったところです。珍しい鳥が来ると双眼鏡で観察して図鑑で調べたりしています。ジョウビタキ以来珍しい鳥はやってきていませんが・・。

どんな鳥が来ているかは鳴き声を聞けばわかります。ヒヨドリは少しうるさいです。ヒヨドリの中に一羽必ず私の家のベランダの手すりにとまりベランダの中を見回すのがいます。中から見ているとカーテン越しに見合っているような感じです。何か家のベランダで美味しいものを見つけたことでもあるのかな。そういえばもう何年も前の話ですがベランダ側の窓を開けたまま外に出ていた家人が家に戻って見ると何とヒヨドリが部屋の中に入りミカンをつついていたことがあったそうです。もしかしてその鳥の子孫かも知れません。

今朝はまだ床の中にいた6時前に「ちょっとこい。ちょっとこい。」と鳴くコジュケイの声が遠くで聞こえました。道路を挟んで反対側にある台地の斜面林で鳴いていたのだと思います。十数年前はこのコジュケイの声も良く聞いたのですが最近は珍しくなりました。入居してから十数年の間通勤時にこの台地の階段を上っている時足元をコジュケイのつがいや親子連れが通り過ぎることが普通のこととしてありました。入居したての頃この台地の上は鬱蒼たる林でクヌギや栗の木が沢山生えていました。夜になると街路灯のところにクワガタやカブトムシが飛んで来て子供にあげると喜ばれました。その台地の上もとっくの昔に住宅地に変わってしまいました。斜面林の部分だけが昔のまま残されていて、毎年春になるとうぐいすが来て毎日可愛い声を聞かせてくれました。その斜面林も相続の為とかで開発業者の手に渡ったらしく間もなく戸建十数棟が建てられる予定と聞きます。それを知ってか知らずか、毎年のように来ていたうぐいすが今年はとうとう来てくれませんでした。

こうして私たちの暮らしから徐々に徐々に自然が遠のいていきます。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野鳥の声 ウォーキング、スケッチ、コーラスなど気の向くままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる