ウォーキング、スケッチ、コーラスなど気の向くままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧中山道を歩くー日本橋から板橋(その1)

  作成日時 : 2006/07/06 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

6月19日に日本橋から板橋まで歩いてみました。
午前9:10に家を後にしJRで東京へ、八重洲口へ出て日本橋を目指します。橋の欄干に付けられた飾りは見事なものです。高速道路がすぐ上を通っていて風情は台無し、でもスケッチを一枚。反対側に以前ここに魚河岸があった旨の石碑が建っているのを見ていざ出発。日本橋発10:50、この時点での万歩計は3500。

三越(越後屋)を過ぎ日銀(金座)でスケッチ。十軒店跡(人形店)、今川橋跡を通り神田駅のガードを潜る。道なりに進むと古い煉瓦の遺構と共に万世橋がある。昔東京駅のモデルとなった万世橋駅があったところだ。廃駅となってからは交通博物館になっていたが、その交通博物館も移転のため閉鎖されていた。昭和初期には威容を誇っていたであろう万世橋駅は交通博物館の奥に一部遺構が残されていたが今となっては当時を偲ぶよすがもない。ただ近くに古風な民家が1軒往時を偲ばせていた。

昌平橋を左に過ごすと道は右へと曲がる。そしてすぐにまた左折。ここからは国道17号と言っても片側1車線となる。左手に練塀が続きこんもりとした木立が辺りを暗くする。湯島聖堂だ、昔将軍様のご学問所だったところ。道は峠を思わせる坂道、右手に神田明神の大鳥居が見える、ここでスケッチ、参拝のため中へ入る。この神社には3柱の神様が祀られているとのこと。大国主命、少彦名命、平将門命だ。まさかここに将門さんが祀られているとは知りませんでした。そう言えば大手町に将門公の首塚があった。昔からこの辺にも将門伝説があり信仰の対象だったものとみえる。徳川の代になり家康公が将門を尊崇し広大な神領を与えたとのこと。以来江戸の発展による大造成と共に江戸城の表鬼門にあたる当地に1616年に移ったとある。神田明神といえば祭りで有名、江戸の鎮守様として山車が36台もあり大変盛大なお祭りであったらしい。後の代になって将門が逆賊と言う政府のお達しによりひと時将門公が祭神から外された時期があったらしい。信者達が反発してある時期祭りが途絶えたという。その後回復され今日に至っている。ちょっと長くなってしまった、先を急がねば。

国道へ戻り左に東京医科歯科大学(桜の馬場跡)を見ながら進む。坂を登った辺りが五叉路になっている。昔で言えば峠の茶屋でもあったような雰囲気だ。12時を過ぎたのでファーストフード店で昼食。

道はやがて本郷3丁目の交差点になる。左の角にはかねやすのビルがある。江戸時代から続く老舗だ。ビルの壁に「本郷もかねやすまでは江戸のうち」との川柳がアルミパネルではめ込まれていた。反対側には同じく老舗の羊羹の藤村があるが休業中だった。左に下りると後楽園だ、遊戯施設が見えている。そのまま17号を直進する。右手に東大の建物が見えてくる。やがて赤門が見えた、信号を渡り赤門から構内へ入る。
まずは三四郎池へ、それから図書館や安田講堂を回る。何枚かスケッチをする。東大の構内は建物が昔のままで素晴らしい。樹木との調和も良く絵にしたいところが沢山あり過ぎて困った。庭も加賀藩邸の頃の様子を留めており嬉しい限りだ。マンホールの一枚づつにまでちゃんと東京帝国大学と銘が刻んであるのには恐れ入った。東大の中をあっちこっちうろうろと歩き回り時間が経った。そこを後にしたのは13:35、万歩計は12700。
続きは次回ということにして、今日はここまで。
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
交通博物館
交通博物館交通博物館(こうつうはくぶつかん)は、2006年まで東京都千代田区神田 (東京都千代田区)|神田に置かれていた、交通の全般に亘って収集・展示を行う日本の博物館である。秋葉原駅から徒歩3分に位置していた。1936年4月25日に旧万世橋駅跡の敷地を利用し、鉄道博物館の名称で開設された。当初は、... ...続きを見る
『博物館』辞典
2006/07/08 06:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「旧中仙道を歩く」その1、興味深く拝見いたしました。すばらしいスケッチとまた並行した写真アルバム、この構成もグッドです。
私は一度も東大の門をくぐったことがありませんが、主人は門をくぐり4年間で門を出てきました。三四郎池、校舎・・・一度散策したくなりました。
島元通子
2006/07/20 06:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
旧中山道を歩くー日本橋から板橋(その1) ウォーキング、スケッチ、コーラスなど気の向くままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる